INTERVIEW

新人女性インタビュー

プログラムを作っている時が一番楽しい。それが無事人の手に届いたら、もっと嬉しい。

プログラマーとしても、会社と成長を共に。

私は高校の情報処理の授業で行った、プログラミングの学習が楽しいと感じ、プログラミングを活かせる仕事に就きたいと思いました。
就活のタイミングでエービーシー・ジャパンのパンフレットを見て、“仕事を通して段階的に成長していける”とあったので、それが決め手になりました。

入社して1年になりますが、Java、Pythonの研修や、社内システムの開発に携わらせてもらっています。

初めてのシステム開発から見えたこと、目指すこと。

研修でプログラム作成の経験を経て、実際に初めてプログラムの改修業務を行いました。そこで元々組まれていたプログラムが、とても整っており分かりやすく組まれていることに驚きました。

処理結果は同じでも、過程がスマートに作成されていると、初めて見る人でも理解しやすく、何より手が加えやすいと感じました。
「誰にでも理解できるプログラムを構成できるようにする。」今の目標の一つです。

変化には柔軟に対応できるエービーシー・ジャパンのスタイル。

入社した時期は、世の中でリモートワークが推奨され始めたこともあり、私としても会社としても、業務スタイルを変えざるを得ない事態となりました。
特に、コミュニケーションや質問を行う際、直接お話しする場合と勝手が少し違うので、伝達することの難しさを感じることも当時はありました。

エービーシー・ジャパンでは、上司や先輩が話をしっかりと汲み取ってくれること。ブラザーシスター制度のメンバーにも相談できることで、リモートワークの際でも話し合え、業務を円滑に取り組むことができています。

経験を積み、より良い技術者になりたい。

業務では、技術面以外のヒューマンスキルなど、たくさん吸収することがありました。
会社には研修制度や資格取得のサポートがさまざまに用意されていて、オンラインで受講可能なものもあり、好きなタイミングで伸ばしたいスキルを磨くこともできます。

習得したスキルは、業務や技術の理解度を高めるために役立つだけではありません。
資格試験の勉強にも応用したり、知識を幅広く成長させることにも役立っており、技術者としてもより良くなるための源となっています。
現在、基本情報技術者試験へ向けて勉強をしていますが、その中でも学んだ内容を生かすことができたときは、やっていて良かったなと感じます。

若い世代の先輩と気持ちよく働ける会社

入社するまで、具体的に何を学習しておけば良いのかと、疑問を持たれている方も多いかと思います。
私の場合、プログラミングに関しては、学校である程度学んではいましたが、データベース(主にSQL文)はあまり深く踏み込んでおらず概念を理解するのに時間がかかったので、事前に学習しておくべきだったかなと思いました。

エービーシー・ジャパンでは、社員同士の世代が近いこともあり、フランクなつきあいができます。
信頼できる先輩、優しい先輩に恵まれていることも、この会社に入って良かったと思うところです。

採用情報 関連リンク

株式会社エービーシー・ジャパン

名古屋本社
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目4番12号
AREXビル4F
東京オフィス
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町12番9号
東京滋賀ビル4F
c2018 ABC JAPAN Co,Ltd All Rights Reserved.
PAGETOP